★お知らせ★

☆2017/04/26更新
家族の居場所が一目でわかるGPSサービスを導入


認知症などになっても、住み慣れた地域で暮らし続けられるように、家族や本人を応援します。

1目的
認知症などの理由により行方不明になるおそれがある高齢者に対して、「GPS(居場所を知らせる装置)」の利用費用を助成し、認知症高齢者および家族の安心安全な在宅生活を支援します。

2対象者
三木市民で認知症などが原因で行方不明のおそれがある高齢者とその家族

3内容等
従前から希望者にセコムの機器のGPS(居場所を知らせる装置)を貸与し、利用費用の一部助成していましたが、5月から新たに、さらに小型になった装置を貸出します。(どちらかを選択)

【名称 ミマモルメ(阪神電気鉄道)】
(1) 本人を探すときに、家族が持っている携帯、パソコン等で位置を確認することができ、家族が本人のところにかけつけることができます。
(2) 端末が小型なため、お守りのように携帯したり、専用のくつに入れたりして使用できます。(専用の靴は実費)
(3) 本体加入料金6,372円を市が補助します。利用月額は691円(税込)で、所得に応じて負担額が変わります。

4 申込受付開始日 5月1日(月)

問い合わせ・申込先
三木市健康福祉部介護保険課介護予防グループ
電話0794-82-2000(内線2306)


お知らせ一覧へ

トップページへ